扇子は涼し気なデザインのものを選ぶ

人によっては好きな季節があるでしょう。ウィンタースポーツが好きなら冬でしょうし、春の陽気が好きなら春などです。ある季節が好きな場合はその季節に応じた色などを好むことがあります。冬なら白や少し暗い色になるでしょう。春になると花の色などがあります。それぞれの季節を想像しやすいイラスト等もあります。春になれば桜がたくさん咲きますから、それをイメージすることがあります。扇子を選ぶときにおいては涼し気なデザインのものにします。利用する季節としては夏が多いでしょう。となると夏らしいデザインのものです。色で言えば緑であったり青系等です。必ずしも海などが描かれている必要はありません。それらの色などが使われているだけで涼しく感じることができます。雪などが描かれていると涼しいような気がしますが意外にそうでもありません。

結婚式のプチギフトに好評な扇子

扇子は結婚式のプチギフトとしても人気があります。特に夏場の式では、その場で開けてすぐに広げ、涼むことが出来るので好評です。最近は、軸の部分にゲストの名前を一つ一つ入れ、席札代わりに使用するという方法も増えています。プチギフトや席札で扇子を使用したい場合、結婚式ギフトを扱っている通販サイトを利用するのも良いでしょう。結婚式のギフトを扱うサイトでは、式までにあまり時間がないカップルにも対応しており、急ぎの注文にも慣れているので安心です。席札にしたい時は、パッケージやのし紙にゲストの名前を書く、または本体の軸に直接名前を刻印するという方法があります。直接刻印の方が価格は上がりますが、ゲストへのサプライズ感もぐっと上がります。ちょっと変わったプチギフトを送りたい時、夏に挙式予定の時は、扇子を利用してみてはいかがでしょう。

扇子の歴史と主な用途

現在一般的に販売されている折り畳み式の紙製扇子は、日本の発明品の一つです。元々は中国から日本に伝わった物ですが、日本人の手によって携行に便利なデザインに改良されたものです。この日本式の扇子が登場してから、既に千年以上が経過しており、大変歴史の長い道具になっています。用途は、意外な程多岐に渡っていますが、現在も継承され一般的に見られるものとしては、団扇代わりに風を送る、能楽や日本舞踊の道具として、応援団の持ち物として、などがあります。又、ユニークな使われ方として、巨大な形状に変化したハリセンと呼ばれる物が、コントで人を叩く道具として使われる事もあります。又、江戸時代中頃にはヨーロッパにも輸出され、本国で独自の発達を遂げた物が、主に貴族階級のファッションアイテムとして普及しました。又、バレエの演目でも取り入れられているケースがあるなど、世界的な存在となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*