七五三用扇子の単品販売

七五三で子供が和装をする時は、男の子も女の子も、末広がりでおめでたく、閉じれば守り刀としての意味合いもある扇子を身に付けます。大抵は七五三用の着物とセットで販売されているので、入手は比較的容易です。しかし紛失などの理由で扇子だけ欲しい時、単品のみでは販売されていないことがあります。セット販売では入手が簡単ですが、単品になるととたんに入手困難になってしまう可能性があるのです。どうしても単品で欲しい時は、着物販売をしている業者のネット通販を利用するのも一つの手段です。着物のオンラインショップでは、多くが和装小物の単品販売を行っているからです。七五三用の子供向け扇子を単品販売している業者も、ネットを利用することですぐに見つけられるでしょう。男児向けの物なら、数百円から入手できます。単品で欲しい時は一度、着物の通販サイトをのぞいてみて下さい。

インターネットで簡単に作れるオリジナル扇子

インターネットのサービスは日進月歩の勢いで進歩を続け、常に新しいものが登場してきています。一昔前までは、企業等でないとできなかったようなオリジナルの扇子や団扇等の作成も、今ではインターネットを利用して安価で可能になってきました。個人レベルでの注文も、100本当たりから受けつけてくれるようなところも数多く出てくるようになってきました。そのためサークルやちょっとしたイベント用といった、こぢんまりとした集まりのためのアメニティグッズとして、気軽にこうしたグッズを作成することができるようになってきています。値段も100本で1万~2万円程度が相場になってきており、しかもフルカラーの両面印刷である上、骨部分や紙の品質についても非常にしっかりとしたものが使われているようになっています。何かのお祝いのときに、オリジナル扇子を作ってみるのもよいでしょう。

扇子は紙タイプと布タイプ

金魚すくいは紙のシートで行います。何度もすくっているとそのうち破けます。住宅における障子などでも紙が使われることがあり、ちょっとしたことで破けてしまうことがあります。紙は貼ったりするのは容易ですが、強度としては必ずしも強くありません。水などに濡れると弱いことがあります。価格自体は安いですから昔から使われていますが、別の素材で作られることもあります。扇子においてはどのような素材で作られるかがあります。伝統的なのは紙で作られるタイプです。高級なものになると水に濡れても簡単に破けることはないですし、ちょっとした衝撃でも破けません。長く使うことができます。それ以外には布タイプがあります。布ですから水に強いです。こちらも破けにくくなっています。素材によっては紙よりも軽くなることがあります。布のデザインで決まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*